No.411 歯はウソをつかない

医学博士である村津和正さんの著作。
その中から3つの言葉を紹介します。


「親不知は、本来あってしかるべきものであって、必ず何かの意味があるはずです」
身体にあるもので、意味のないものはない。
親不知も、同じようです。
その意味を知らないだけなのかもしれませんね。

「なんと歯もファイ比率で構成されていたのです」
歯にも黄金比が存在する。
つくづく、人間の身体は不思議です。
そう考えると、歯も大切にしたいですね。

「間違っても、本当は食べたくないけれど栄養バランスを考えて、むりやり口の中に押し込むような食事はしないほうがいいと思います」
食べたくなければ、食べなければいい。
自然な感情に従うのが一番ですね。
むりやり食べても楽しくでしょうし。


新来した、あなたに、心より感謝。

★詳細&レビューは下の画像か書名をクリック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック