No.535 節目に強い人が成功する

中谷彰宏さんの著作。
その中から3つの言葉を紹介します。


「均等に割るという機械的な発想では、お客様は満足しません」
均等に割るのなら、誰でもできます。
料金が均等でないところに、意外性が生まれます。
その意外性の持つ意味を納得したときに、満足するのでしょう。

「サービスをしている側が、実はどういうことをされたらお客様がいちばんうれしいのかということを、いちばん知らないのです」
反対側に立ってはじめて見えるものがあります。
同業者のサービスを受ければ簡単に反対側に立てます。
その経験の有無は致命的です。

「常にお客様第一、マニュアルはその次、これがサービスです」
マニュアルをお客様に合わせることはできます。
お客様をマニュアルに合わせるのは無意味でしょう。
お客様は機械ではないのだから、マニュアル通りにいかなくて当たり前です。


新来した、あなたに、心より感謝。

★詳細&レビューは下の画像か書名をクリック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック