No.412 うまくいくスピード営業術

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。
その中から3つの言葉を紹介します。


「今の病院の形は、不思議な現象だということに気づかないといけません。どうして患者さんが病院に行かなければいけないのかということなのです」
患者さんは病院に来て当たり前。
全然当たり前ではないですね。
お医者さんが来てくれれば、それに越したことはないと思っている人は多いでしょう。

「自分が同じことをされたらうれしい、と思うことをするのが、営業です」
自分がされたら嬉しいことは、おそらくその人も嬉しいと感じる。
それがスタートですね。
営業の前に、これを考えるといいかもしれません。

「お客様は、自分だけのサービスを求めています。誰にでも通用するサービスなら、お客様はいらないのです」
サービスは、オーダーメイドです。
サービスにお客様を合わせるのではなく、お客様にサービスを合わせる。
はじめにお客様ありきでしょう。


新来した、あなたに、心より感謝。

★詳細&レビューは下の画像か書名をクリック

"No.412 うまくいくスピード営業術" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント