No.575 「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」2

ジム・ドノヴァン氏の著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「狂気の定義は「同じことを繰り返して、違う結果を期待すること」だ」 ヒマワリの種を播けば、ヒマワリの花が咲きます。 ヒマワリの種を播いて、バラが咲くことを期待しても無理な注文です。 バラを咲かせたければ、バラの種を播けば咲きます。 「「自分のリズム」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.574 ツキを呼び込む究極の成功思考

西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「目に見えないものを信じない者は絶対に一流になれない」 目に見えるものは、本当にごくごく一部です。 どう考えても、見えないもののほうが多いです。 風、流れなど、とても大切なものがたくさんあります。 「本物の成功者とは、自分との約束を破らなかった人なのだ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.573 「感性」のマーケティング

小阪裕司さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「人の心のなかで、価格というものは実にシンプルなもので、本当に欲しいものはいくらだっていい、要らないものはいくらであろうが要らない、これが原則だ」 高いか安かを決めるのは、買う人です。 売る人ではありません。 本当に欲しがっている人を見つけることが、一番大切です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.572 なぜ彼女はこの店で買ってしまうのか

藤村正宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「安全」「安心」「透明」を求める消費者が増えています」 まずは、この3点を満たしているかチェック。 求めていることに応えるのは、最低ラインです。 +αをどれだけ上積みできるかが勝負のポイントでしょう。 「スタートは「直感」なのです。その後「論理的」に検証…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.571 営業の大原則

中村信仁さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「能力の差は考え方の差。結果の差は行動の差。そして、成長の差は学び(技術)の差だった」 考え方、行動、学び(技術)。 すべて自分自身の話です。 自分が何を考え、どう行動し、いかに学んだかの集大成が現在です。 「何を売るのか、誰に売るのか、どう売るのか、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.570 悟りは3秒あればいい

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「今のこのつらい状況がなかったら、これからずっと、今以上におごり高ぶり、うぬぼれ、傲慢の塊になっていたことでしょう」 挫折、病気、事故、etc。 つらい状況は、方向転換のメッセージです。 そのまま行くと、もっと大変なことになるよ、という。 「頼まれたら、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.569 心を軽くする言葉

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「しなくてもいい」という状態に置かれて、「自分の意志で何をし続ける」か。これが人生における「テーマ」です 義務ではなく、他人に強制させられていることでもない。 自分で考え、自分で決めて「継続的に」行う。 「このために生まれてきた」と言えるものを持つのは面白そうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.568 貧乏はお金持ち

橘玲さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「いま必要なのは、自由に生きることの素晴らしさをみんなが思い出すことだ。「安定」を得る代償に「自由」を売り渡すのはもうやめよう。そんなことをしたって、会社が潰れてしまえば結局何もかもなくなってしまうのだから」 一般的に言われている「安定」は、本当に安定なのか。 自由を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.567 二千年たってもいい話

斎藤一人さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「夢は小さく、努力はデカく。それで、うまくいったら、そのことを惜しみなく下に教えるの。そうすると、なぜか、上行っちゃうんだよ、もう1個」 言葉は少なく、行動を多く。 情報を出し惜しまない。 教えることで一番成長し、得をするのは自分自身です。 「人生ってね、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.566 喜ばれる

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「技術は標準で良いので、ニコニコと楽しそうに、幸せそうにやっているとお客さんがやって来ます。これは、どんな仕事でも同じです」 今の最高を常に出し切る。 技術は後からいくらでもついてきます。 技術を求めるあまりピリピリしては逆効果でしょう。 「自分がやるべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.565 生き直すための50の小さな習慣

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「人生の失敗のほとんどは、やりっ放しによるものです」 クリアするまで続ければ、失敗でなくなります。 少しずつでいいから、継続する。 短期だろうが長期だろうが、やり終えることに意味があります。 「仕事や勉強がつまらないのではありません。仕事や勉強をさせられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.564 仕事のヒント

神田昌典さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「売れない理由のトップは、「わかりにくいから」」 わからないものには、手を出さない。 投資も、買い物も、同じでしょう。 自分にとってわかりやすいことが、相手にもわかりやすいとは限りません。 「あなたが、価格に代わる商品選択基準を教えたとき、価格競争とは無縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.563 血圧心配症ですよ!

松本光正さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「体はいつでも目的をもって反応しています。合目的的なのです」 意味のない反応はありません。 その反応を、薬で抑えて本当にいいのか。 体の反応を受け入れるのが最善かもしれません。 「医師と薬ばかりに頼っていちゃ駄目ですよ。患者さん達が自分の頭で考えて、判断す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.562 ガンは治る ガンは治せる

安保徹さん、奇埈成氏、船瀬俊介さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「夜更かしというのは、すごいストレスになるんですね。だから私たちは日中よく働いた場合は、働けば働くほど、休息が大切になります」 働いたら、休む。 当たり前のことですが、きちんと実践できているかどうか。 休むことで、次への英気が養われます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.561 奇跡の経営

リカルド・セムラー氏の著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「社員がひとたびやりがいを感じ、活気づいて、生産的になると、彼らの活動が自ずと会社に利益と成長をもたらすことになるのです」 会社の一番の財産は、間違いなくそこで働く社員です。 無理矢理動かすのには、限界があります。 自発的に動くことに、際限はありません。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.560 ツキと幸運がやってくる31日の習慣

西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「必ず達成できる」。それを前提としたときに脳裏に浮かぶ夢や目標。それがあなたが今日から持つべき「本当の夢(目標)」だ」 達成できるから、目的や目標になるのでしょう。 自分は何がやりたいのか、それを実現するために今、何ができるのか。 できることをやっていると、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.559 成功する人の話し方

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「断っているんだから、嫌われても仕方がない」という覚悟を持ちましょう」 断ることに、慣れる。 断られることにも、慣れる。 断られて当たり前だと考えるくらいで丁度ではないでしょうか。 「「頑張れ」を翻訳できる力が会話力です」 いつでも、どこでも言える言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.558 10人の法則

西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「成功しないのは、①「努力しない」、②「頭を使わない」のいずれかです」 努力していて成功できないのは、頭を使っていないから。 頭を使っているのに成功しないのは、努力していないから? 「努力」を「行動」に置き換えるとわかりやすいかもしれません。 「あなたにで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.557 地方発信型ビジネスモデルの作り方

上野真歳さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「自分たちの仕事は、自分たちで創造する」これがこれからの正しい考え方です」 この考え方の方が、楽しそうです。 正しい/正しくないは別としても。 パイの取り合いをするから、消耗するのでしょう。 「ビジネスをするにあたりやらなければならないことは  ・商品…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.556 お金・仕事に満足し、人の信頼を得る法

本多静六さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「もともと生命のない機械類は、使えば使うほど磨滅するが、生き物である人間は働けば働くほどかえって丈夫になるものである」 機械は、減価償却。 人間は、増価償却。 使わないのはもったいなさすぎます。 「どんな仕事でも努力を続けさえすれば、はじめは多少苦しくても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more