No.555 3秒でお客をつかむ、ホームページの作り方

荻野浩一郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「あなたがホームページで、何かを売りたいのなら、そこで最初に必要になるのは、アクセスアップではない。まず、自分のホームページに来た人に、興味を持ってもらえるようにすることだ。興味を引いて、ドンドン次のページを見てもらうのだ」 サイトは、山のようにあります。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.554 あなたも、3秒でお客がつかめる。

荻野浩一郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「再現は誰にでもできるが、世界は広大。これは、コトバに許された特権である」 せっかくコトバが使えるのだから、この特権を利用しない手はありません。 そのコトバを受け取った人が、何に気づき、どう行動するか。 そのきっかけを提供できるすばらしいものです。 「単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.553 ブランド!ブランド!ブランド!

ダリル・トラヴィス氏の著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「深遠なことは、実は単純なことなのです。誰もが礼儀正しく扱われると好感を持ちます。誰もが正直さを称えます。誰もが卓越さと価値を求めます。誰もが楽しむことを好み、自分より大きなモノの一部になりたいと願っています」 シンプル、イズ、ディープ。 単純だから、どこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.552 こころの遊歩道

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「本来は、その人(自分の感性に合う人)の考え方や哲学、主義、信条、思想の中から、自分が共鳴できるところを学びとり、自分の考え方を作り上げ、自分で全てのことを理解し、判断し、処理できるようになる。ということが、一番の理想なのです」 自分の感性に合う人を土台とする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.551 広告の天才たちが気づいている51の法則

ロイ・H・ウィリアムズ氏の著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「目を閉じることはできても、耳を閉じることはできない」 まぶたはあれど、みみぶたはあらず。 聞く気はなくても聞こえてしまいます。 言葉の怖さがここにあります。 「われわれの世界で最も魅力的なことばは、わずかに三文字だ。それは「あなた」。これが最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.550 テンションを上げる45の方法

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「めんどうくさいからいいです」というのは、すべての努力や工夫からの逃避です」 面倒だと思うことは、やっぱりやりたくないことでしょう。 やりたいことは、面倒だとは思いません。 やりたいかやりたくないかの、いい目安になります。 「行きたくない時は行かないのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.549 資本主義崩壊最終ラウンド

船井幸雄さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「人は求められない以上、自分のことを話したり書いたりはしないほうがよいらしい」 聞き手、読み手の興味は、あくまでも「それが自分にどう関係あるか」。 自分のことばかりでは聞き手、読み手もすぐにお腹一杯です。 それも、あまり後味のよろしくない満腹感でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.548 恐慌第2幕

朝倉慶さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「注意しなければならないことは、株式相場の上下に惑わされて水面下で起きている本当の変化を見逃さないことです」 株式相場が、本当の変化を映さなくなったようです。 株式相場は、あくまでもひとつの目安。 そのくらい割り切った方がよさそうです。 「問題は国債など債券…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.547 心配不要、これからよくなる!

船井幸雄さんと西園寺昌美さんの共著。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「どういう結果をつくりたいのか?」と自問自答してビジョンを掲げることから始めれば、「いま、こういう発想でこういう選択をして、こういうことを行動に移していければいいのだ」と自然に理解できるでしょう」 迷うのは、ゴールが決まっていないから。 まず、ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.546 日本は略奪国家アメリカを棄てよ

ビル・トッテン氏の著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「憲法九条の精神を堅持しつつ、しかし自国への侵略は許さず、他の諸国に対しては終戦や停戦、軍備の縮小を求めることこそが、日本の平和を維持する唯一の方法ではないだろうか」 相手にしてほしいことは、まず自分から行う。 相手を変えようとしない。 平和が対象でも変わり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.545 正義と嫉妬の経済学

竹内靖雄さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「税金の使われ方に目を光らすことも大事であるが、それよりも、何に使うためにそんな高い税金を取られなければならないかを問うことの方が、はるかに大切なのである」 公的サービスの充実を求めるなら、税金の負担に文句を言ってはいけません。 税金は払わずに、サービスだけ受けよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.544 その他大勢から抜け出す成功法則

ジョン・C・マクスウェル氏の著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「書くことを学ぶとは、考えることを学ぶことである。文章として書いてみるまで、自分の考えをはっきりとつかむことはできない」 書くのに慣れることで、考えをまとめやすくなります。 そのためには、まずはたくさん書いてみる。 量⇒質の順序でしょう。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.543 汗をかかずにトップを奪え!

三田紀房さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「あらゆる選択肢にはリスクがあり、リスクなき決断など、ありえないのだ」 リスクマネジメントは大事ですが、あまり神経質すぎても逆効果です。 リスクは理解すれば十分です。 対策さえ立てられれば、リスクは決して怖れるものではありません。 「見ただけでウンザリする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.542 3週間続ければ一生が変わる

ロビン・シャーマさんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「あらゆる教育のなかでもっとも大切な成果は、好むと好まざるとにかかわらず、やるべきときに、やらなければならないことをする能力を身につけることだろう」 やりたいときにそれをやるのは簡単です。 問題は、やりたくないときにもできるかどうか。 状況判断がきちんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.541 「親力」で決まる!

親野智可等さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「言語能力が高いと、すべての教科において絶対的に有利です。言語能力が低いと、すべての教科において圧倒的に不利です」 言語能力は、スポーツでいう基礎体力。 これがしっかりしていれば、何も怖れることはありません。 必要な技術は後からいくらでもついてきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.540 最強の勉強法 究極の鉄則編

吉田たかよしさんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「科目の好き嫌い、得意・不得意は人それぞれです。ですから、万人にあてはまる理想的な克服法など、この世に存在しないのです」 あまり克服にこだわる必要もありません。 できないものは、任せれば済みます。 どうしてもやれなければならないものだけ必要最低限こなせばいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N0.539 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法

ロバート・キヨサキ氏とシャロン・レクター氏の共著。 その中から3つの言葉を紹介します。 「無料のアドバイスが一番高くつくことがよくある。無料のアドバイスとは、貧乏な友人や親戚たちからの、お金や投資、ビジネスについてのアドバイスだ」 ペーパードライバーからの車の運転に関するアドバイス。 それと同じことですね。 経験がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.538 「言志四録」を読む

井原隆一さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「最高級の人は天地自然の真理を師とし、第二級の人は優れた人物を師とし、第三級の人は書物を師とする」 書物は人がつくるもの。 人は自然がつくるもの。 天然自然がすべての根本です。 「現代でも、最高のリーダーとは、居るか、居ないか忘れられているような人。次は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.537 文明論

岸根卓郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「男女は、互いに全ての能力を独占できないがゆえにこそ、互いにその価値があって尊いから、男女は互にその等価性を認め合い、それぞれの役割を分担してこそ、互いに存在価値がある」 できることは、やる。 できないことは、任せる。 そんなに難しいことではないはずです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.536 壁を越える技術

西谷昇二さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「一度でも弱者の立場に立った人は、その立場で物事を見たり聞いたり考えたりしたことが、後に大きな意味をもつようになる」 想像だけでは限界があります。 経験しているということは強みです。 弱者と強者、両面から物事を考えられることの価値は大きいです。 「受験でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more