テーマ:小林正観

No.585 日々の暮らしを楽にする

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「なにか悩みや苦しみが生じたら、ここでそれを乗り越えておくと、この先、同じことが起きても乗り越えられるよ、という意味で、早く起きてくださってありがとう、と思えるでしょう」 悩みや苦しみは、ハードルと同じなのかもしれません。 一度越えた経験を持つと、次からは無理なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.582 すべてを味方 すべてが味方

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「何か教えてくれる人」、「その人のひと言、その人の気づきによって自分が楽になり、幸せになれる人」が、本質的な<友>である」 「類は友を呼ぶ」の友も、なくてはならない存在です。 その中で、気づきが得られるかどうかは疑問ですが。 本当の友は、趣味や考え方も違うけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.570 悟りは3秒あればいい

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「今のこのつらい状況がなかったら、これからずっと、今以上におごり高ぶり、うぬぼれ、傲慢の塊になっていたことでしょう」 挫折、病気、事故、etc。 つらい状況は、方向転換のメッセージです。 そのまま行くと、もっと大変なことになるよ、という。 「頼まれたら、時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.569 心を軽くする言葉

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「しなくてもいい」という状態に置かれて、「自分の意志で何をし続ける」か。これが人生における「テーマ」です 義務ではなく、他人に強制させられていることでもない。 自分で考え、自分で決めて「継続的に」行う。 「このために生まれてきた」と言えるものを持つのは面白そうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.566 喜ばれる

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「技術は標準で良いので、ニコニコと楽しそうに、幸せそうにやっているとお客さんがやって来ます。これは、どんな仕事でも同じです」 今の最高を常に出し切る。 技術は後からいくらでもついてきます。 技術を求めるあまりピリピリしては逆効果でしょう。 「自分がやるべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.552 こころの遊歩道

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「本来は、その人(自分の感性に合う人)の考え方や哲学、主義、信条、思想の中から、自分が共鳴できるところを学びとり、自分の考え方を作り上げ、自分で全てのことを理解し、判断し、処理できるようになる。ということが、一番の理想なのです」 自分の感性に合う人を土台とする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.517 お金と仕事の宇宙構造

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「ゆとりがあったら、それができるのに」と思うのは順番が違うらしい。ゆとりがない人は、施しをしていないから、という原因による結果らしいのです」 あれば、やるのではなく、していないから、ない。 因果の逆転が起きているようです。 その動きを逆回転させれば、解決します…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.487 幸せの宇宙構造

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「幸せ」という名の絶対的な現象、絶対的な名称、絶対的な価値を持つ「幸せ」というものは、未だかつて地球上に、歴史の中に存在したことは一度もない、ということが言えます」 「幸せ」の定義は人それぞれ。 相手が幸せを感じているなら、「よかったね」。 自分も同じもので幸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.435 「き・く・あ」の実践

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「私が考える「知恵」とは、「知識」をいかに日常生活に埋め込み、実践するか、ということです。「知っている」ことを「実践する」ことが、「知恵」なのです」 ただ知っているだけでは、あまりにもったいない。 知識は使ってこそ活きます。 知識が増えればその分だけ実践も増やし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.430 笑顔で光って輝いて

小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「私たちの目の前に提示されたお金は、私を通り過ぎて世の中に流通していくものなので、貯めるのではなく、ただ通りすぎていくだけ。これを通貨(通過)と呼びます」 本当に言葉はうまくできています。 私たちは、パイプを持っているんですね。 たくさんのお金が通り過ぎるには、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.357 宇宙を貫く幸せの法則

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「物事は右肩上がりに徐々に上がっていくのではなくて、変わらない状態がしばらく続いた後、"ポン"と上がり、またしばらく横這い状態が続いて、また"ポン"と上がる、という成長のしかたをするらしいのです」 右肩上がりは、例外のようです。 横這い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.326 100%幸せな1%の人々

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「本人の問題であれば聞くことはできますが、まわりの人をどうしたい、という話は相談ごとではありません。ただ「自分の思いどおりにしたい」だけですから」 相談とは、自分に関してだけなんですね。 そのラインを超えると、勝手な要望に変わるようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.142 22世紀への伝言

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「あることを「一〇〇〇」回続けると、何かが見えるようになる」 1日1回でおよそ3年。 1日3回でおよそ1年。 何かを習得するためのひとつの目安ですね。 「日本で言われる「厄年」は、実はみな語呂(ごろ)合わせ」 必要以上に神経質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.53 宇宙方程式の研究

SKPブランドオーナーである小林正観さん、風雲舎代表取締役である山平松生さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「何ごとであれ千回やってみるとそれが身に付く、それを起点にして別の何かが見えてくる」 何かが身につかないのは、単純に数をこなしていないのかもしれません。 できない理由を探す暇があれば、やるほうがよさそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.52 この世の悩みがゼロになる

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「過去の自分の判断が未熟であったと思えば思うほど、それは現在の自分が成長したということにほかなりません」 「どうしてあんなことしたんだろう」が多くても心配する必要はありません。 それが、成長の証だからです。 いつまでも成長し続けたいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.51 釈迦の教えは「感謝」だった

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「他人についての相談ごととは、その実、相談とは名ばかりで、結局それを凝縮してみると、他人を自分の思いどおりにしたいだけではないか」 他人のことで悩む前にこの一言。 そのとおりだと思います。 他人を思いどおりにすることはできません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.50 楽しい人生を生きる宇宙法則

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「私たちの人生は「全自動"選択"機」。この「全自動"選択"機」には"感想"機が付いていません」 人生に悩んだときにはこの一言。 全自動で選択してくれるそうです。 日本語は面白いですね。 「<正義カン>と<使命カン>、「カン」は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.46 楽しく上手にお金とつきあう

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「人間の最大の罪は不機嫌である」 自分の不機嫌は必ず相手に伝わります。 その相手はその不機嫌とは全く関係がないことが多いはずです。 誰かに会うときは必ず上機嫌でいたいですね。 「お金の大小によって食べ物を変える。それが衰運につな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.45 宇宙を味方にする方程式

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「花粉症の人は完全主義者の人がほとんどである」 おもしろい結びつきだと思います。 花粉症の人は、少し振り返ってみると良いかもしれません。 完全主義をやめるだけで治るなら最高ですね。 「中学高校では、なぜこの学問が、この科目がおも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.44 「そ・わ・か」の法則

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「近代医学の最先端は「笑うこと」、なのです」 笑う門には「福」だけでなく「健康」まで来るそうです。 すごいですね。 それなら、笑わなければもったいないですね。 「人間というのは、「今やるぞ」と決めない限り、まずやらない」 「○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.21 神さまに好かれる話

SKPブランドオーナーである小林正観さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「何も特別なことが起きず、ただたんたんと穏やかに日々が過ぎていくことが、「100%パーフェクトの感謝」なのです」 「いつも通り」「何も変わらぬ一日」 一見退屈そうですが、「病気や事故などがない」という奇跡が起きています。 あたりまえだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more