テーマ:中谷彰宏

No.580 ダンドリの達人に変わる本

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「打合せをする時は、必ず「誰が・何を・いつまでに」を決めるようにすることです」 「誰が」が抜けている場合が多いでしょうか。 「何を」は必ず具体的に決めないと進みません。 「いつまでに」も曖昧になることがあります。 「ダンドリは、じっくり考えることではありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.578 成功体質になる50の方法

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「給料が安い」と感じている人に、説得力のある根拠が見当たらない」 高い・安いは一体何と比べているのか。 同じ会社の仲間?それとも他の会社の人? 比べるなら、自分の働きと比べるのが一番妥当でしょう。 「「自分が見ている世界は、世の中のごく一部分であり、狭い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.565 生き直すための50の小さな習慣

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「人生の失敗のほとんどは、やりっ放しによるものです」 クリアするまで続ければ、失敗でなくなります。 少しずつでいいから、継続する。 短期だろうが長期だろうが、やり終えることに意味があります。 「仕事や勉強がつまらないのではありません。仕事や勉強をさせられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.559 成功する人の話し方

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「断っているんだから、嫌われても仕方がない」という覚悟を持ちましょう」 断ることに、慣れる。 断られることにも、慣れる。 断られて当たり前だと考えるくらいで丁度ではないでしょうか。 「「頑張れ」を翻訳できる力が会話力です」 いつでも、どこでも言える言葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.550 テンションを上げる45の方法

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「めんどうくさいからいいです」というのは、すべての努力や工夫からの逃避です」 面倒だと思うことは、やっぱりやりたくないことでしょう。 やりたいことは、面倒だとは思いません。 やりたいかやりたくないかの、いい目安になります。 「行きたくない時は行かないのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.535 節目に強い人が成功する

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「均等に割るという機械的な発想では、お客様は満足しません」 均等に割るのなら、誰でもできます。 料金が均等でないところに、意外性が生まれます。 その意外性の持つ意味を納得したときに、満足するのでしょう。 「サービスをしている側が、実はどういうことをされたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.527 「つり橋が、落ちないうちに、渡ろう。」

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「何かアクシデントが起きたら、台風が来たと思って、そのワクワク感を楽しめばいいのです」 事実は、ひとつ。 受けとめ方は、様々。 何でも楽しめる人が、強いです。 「○○を、最初から求めない」 一番いいのは、気がついたら○○を手に入れていることでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N0.524 空気を読める人が、成功する。

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「何を頼むか」より、「いつ頼むか」ということのほうが、より大切です」 相手に最も負担の少ないタイミングを見計らって頼み事をする。 自分の都合ではなく、相手の都合で頼みます。 頼みごとの主役は相手の人です。 「相手がイヤがっていたり、乗り気でないことをムリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N0.522 大人のスピード説得術

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「正解が1つしかないと考えるから、自分だけが正しいという思い込みをします。正解はいくつもあるのですから、自分も正しいし相手も正しいと考えることが先決です」 正解が1つしかないのは、例外です。 学校で習うことをすべてにあてはめてはいけません。 30%正しい、70%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.516 しびれるブランドを作ろう

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「やれるけど、しない」というのと、「できない」というのは違うということです」 やっていないという点では、同じです。 けれど、そこへ至るプロセスが全く違います。 やれるけど、しないのは、ただの怠慢です。 「「マニュアル通りやった」ということを、自分の「正義…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.513 スピード人脈術

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「オリジナリティを持つ、ユニークな考えを持つことはとても大事なことです。でも、相手の意見をちゃんと聞けて、なおかつ別の発想ができるということのほうがもっと大事なのです」 相手の話を聞くことは、土台です。 土台がしっかりしていなければ、その上のものが活きません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N0.508 心にエンジンがかかる50の小さな習慣

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「唯一間違っているのは、自分のやっていることは間違っているのではないかと悩み続けてじっとしていることです」 やっている最中に結論は出ません。 同じく、悩んで結論が出るのかどうか。 結論は、後から自動的に付いてくるものです。 「今日できることは、全部今日でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.506 心の中に火をつける50のヒント

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「思い切って」始めようとするから、始められないのです。「なんとなく」始めればいいのです」 小さく始めて、大きく育てる。 何でもそうやって始めてきたはずです。 きっかけは、小さいほうが長続きします。 「「バカだ」と言われたら、新しいことにチャレンジしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.499 魔法の時間を作る50のヒント

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「どんなに時間がなくても、イライラしない人が、時間の使い方がうまい人です」 イライラしても、使える時間は増えません。 それどころか、イライラした分だけ確実に時間は減っています。 イライラするのとしないのとではどちらが得か、一目瞭然です。 「ゆったりとした気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.498 お客様を育てるサービス

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「いったん嫌いな時期を乗り越えて、もう1回好きになった時に、初めてそのことが本当に好きになります」 時には離れてみることも、一計です。 手放す勇気とも言えるでしょう。 その結果初めて気づくことは、すごく大切なことかもしれません。 「現実と理想の間にあるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.494 なぜあの人は問題解決がうまいのか

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「問題解決とは、答えを出すことです」 「問題」を「解決」するのだから、「答え」が出ます。 「わからない」「できない」は答えでも何でもありません。 答えは具体的に出るはずです。 「問題解決の第1原則は、あきらめないことです」 あきらめなければ、答えはいずれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.482 スピード顧客満足

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「競争で勝ち抜くための究極の原則は、「競争をしないこと」です」 競争は同じ土俵でしなければいけないというきまりはありません。 比較ではないのですから。 結果的にうまくいけば、何でもありです。 「本当のサービスは、脇役に徹することです」 サービスをする人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N0.481 スピード開運術

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「なんでこんな簡単なことができないの?」ではなくて、「この人はこの人のリズムでいっぱいいっぱいなんだ」と考えてあげましょう」 自分を基準に考えてはいけないようです。 心地よく感じるリズムは人それぞれです。 相手にもベストのリズムでやってもらうのが結果的に一番い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.471 「お金と才能」がないほど、成功する52の方法

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「成功しないのは、すべて自分のせいなのです」 「何かを変えるシグナル」なのかもしれません。 それを受信できないのは、自分に原因があります。 アンテナがきちんと立っているか確認が必要です。 「単調な練習が嫌いでなく、練習は裏切らないと信じられることが成功する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.466 アイデアが止まらなくなる50の方法

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「アイデアはパスタと同じです。100%まで詰めたアイデアは、パスタでいえばゆですぎ状態です」 構想段階で思いつかなかった展開が次々と起こります。 思いもよらぬ方向へ動くのが、アイデアの醍醐味でしょう。 一番大切なのは、やはり走り出すことですね。 「予算も時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.453 スピード決断術

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「長い文章は、結論を先延ばしにしている証拠です」 本当に言いたいことが、そんなに長くなるわけがありません。 結論は、ひと言で済むはずです。 長い文章は、それだけで決断力のなさを示してしまいます。 「検証した時に答えが変わる確率は低いのです。答えを変えて間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.449 君はこのままでは終わらない

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「運は、攻めていかなければ、めぐってきません」 攻めるというのは、自分から動くということでしょう。 「こっちだ」と思う方向に動き出せば、次の展開が待っています。 待っていては、次の展開のしようがありません。 「「謎の空白時代」に人間は、一番成長するのです」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.446 なぜあの人は人の心が読めるのか

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「今、それを言ってほしかった」、「こうやってほしかった」と思うことが「どうして相手にわかったんだろう」と思わせるのが本当の気配りです」 相手に気づかれないように、察して行動する。 なおかつ自然体で。 やはり普段からの観察と実践の賜物でしょう。 「テストで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.441 お金持ちは、お札の向きがそろっている。

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「頭で稼ごうと思う人は、他人の頭を使わせてもらったり、協力してもらったり、吸収させてもらったことにきちんと対価を払うことです」 自分がしてもらいたいことを、まずは他人にする。 これも、そういうことですね。 自分だけ対価を受け取ろうなんて、虫が良すぎます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.436 顰蹙のススメ

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「大事なのは、会ってからの印象です。会わない人からどんな印象を持たれても、実害はありません」 印象に一喜一憂しても、しかたがありません。 それを気にしだすと、どんどん自分が隠れてしまいます。 自分は自分らしく、自然体が一番です。 「孤独というのは、決して孤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.431 大人のスピード時間術

中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「時間がないからできません」と言うのは、「今」という時間を放棄しているのです」 時間は、常にある。 そのくらいの意識がほしいですね。 要は、使い方の問題です。 「選択肢は無限にあるという姿勢を持つことが大事です」 自分で選択肢を狭める必要は、どこにもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.426 明日は、もっとうまくいく。

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「できる、できないを決めるのは能力ではありません。 やろうと思うか・思わないかという意識です」 やってみなければ、できるかどうかはわかりません。 やる前にわかることは、「できそう、できなさそう」までです。 やってみてできなかったらやめれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.412 うまくいくスピード営業術

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「今の病院の形は、不思議な現象だということに気づかないといけません。どうして患者さんが病院に行かなければいけないのかということなのです」 患者さんは病院に来て当たり前。 全然当たり前ではないですね。 お医者さんが来てくれれば、それに越した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.405 人生をムダにしない50の小さな習慣

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「一日のことは、一日で終わりなのです。昨日のことで、今日をだいなしにするのはやめましょう」 今日は今日の風が吹きます。 昨日のことを考えて状況が好転するなら、どんどん考えていいでしょう。 そういうケースはまれですが。 「人生のほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.402 人を許すことで人は許される

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「うまくいかないのは、そもそも設定した目標が低すぎたのかもしれません。不思議なことに、目標を上げたとたん、うまくいくことも多いのです」 すぐ達成できる目標に、やる気を出すのは難しいです。 全然達成できない目標も、上に同じ。 低すぎず、高す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more