N0.524 空気を読める人が、成功する。

中谷彰宏さんの著作。
その中から3つの言葉を紹介します。


「「何を頼むか」より、「いつ頼むか」ということのほうが、より大切です」
相手に最も負担の少ないタイミングを見計らって頼み事をする。
自分の都合ではなく、相手の都合で頼みます。
頼みごとの主役は相手の人です。

「相手がイヤがっていたり、乗り気でないことをムリヤリ勧めてはいけません」
勧めるのは、決して悪いことではありません。
「ムリヤリ」がつくと悪くなります。
「自分としてはお勧めなので、どうですか」くらいでちょうどでしょう。

「セミナーにおける質疑応答は、1対1の質問ではありません。自分がみんなの時間を奪って、みんなにも聞いてもらって盛り上がれるような質問をしなければならないという責任感を持ちましょう」
質問をする人がえらいわけではありません。
「みんなにとって有益な」質問をする人がえらいのです。
「自分が聞きたくて」かつ「みんなにも有益な」質問が最高です。


新来した、あなたに、心より感謝。

★詳細&レビューは下の画像か書名をクリック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック