テーマ:西田文郎

No.574 ツキを呼び込む究極の成功思考

西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「目に見えないものを信じない者は絶対に一流になれない」 目に見えるものは、本当にごくごく一部です。 どう考えても、見えないもののほうが多いです。 風、流れなど、とても大切なものがたくさんあります。 「本物の成功者とは、自分との約束を破らなかった人なのだ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.560 ツキと幸運がやってくる31日の習慣

西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「必ず達成できる」。それを前提としたときに脳裏に浮かぶ夢や目標。それがあなたが今日から持つべき「本当の夢(目標)」だ」 達成できるから、目的や目標になるのでしょう。 自分は何がやりたいのか、それを実現するために今、何ができるのか。 できることをやっていると、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.558 10人の法則

西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「成功しないのは、①「努力しない」、②「頭を使わない」のいずれかです」 努力していて成功できないのは、頭を使っていないから。 頭を使っているのに成功しないのは、努力していないから? 「努力」を「行動」に置き換えるとわかりやすいかもしれません。 「あなたにで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.515 ツキの最強法則

西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「この世は、ディズニーランドだと思え」 自分の一番好きな場所は、この世にあるはずです。 この世はすべて、その場所とつながっています。 もちろん、ディズニーランドともつながっています。 「ツイてる人は、「幸せには限界がなく、不幸は限定的」であることを知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.375 強運の法則

イメージトレーニングのパイオニアである西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「人間は、潜在意識に条件付けられたとおりに行動する生き物で、成功する人の脳には「成功する」ことが当たり前のように条件付けられており、逆に失敗が潜在意識に条件付けられている人は、どんなに努力しても成功を手に入れることができない」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.18 できる人の3秒ルール

イメージトレーニングのパイオニアである西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「明確な目標を持つことは、夢を実現する近道」 「お金を貯める」よりも、「1000万円貯める」の方が実現しそうですね。 目標はなるべく具体的に考えるといいみたいです。 5W1Hを使えば具体的になります。 「失敗とは、成功…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.17 ツキを超える成功力

イメージトレーニングのパイオニアである西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「必死であることと、本気であることは違う」 必死は本気に比べてネガティブな要素を含んでいるのかもしれません。 なんせ、「必ず」「死」んでしまうわけですから。 「必死」よりも「本気」で行動できればいいですね。 「成功する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.15 人生の目的が見つかる魔法の杖

イメージトレーニングのパイオニアである西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「ビジネスの本質はどんな商売でも、「自分以外を喜ばせる幸せ」にある」 自分は何をすれば一番他人に喜んでもらえるか。 自分のビジネスモデルを考えるときの参考になります。 本質を外れたビジネスは、一時的な成功はもたらしても継続し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.14 面白いほど成功するツキの大原則

イメージトレーニングのパイオニアである西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「ツキとは何か―「出会い」である。運とは何か―ツキの持続である」 ツキのある人には、出会いがある。運のよい人には、よい出会いが続けて起こる。 まずはツキがある人になることが先決です。 損得勘定抜きで出会いを楽しみたいですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.6 No.1理論

イメージトレーニングのパイオニアである西田文郎さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「勉強に対する、その子の「思い」を変えてやると、小学校や中学校程度の勉強なら成績はアッと言う間に上昇します」 義務教育で成績が伸び悩んでいる場合、問題は内容の易・難ではなく、取り組む姿勢や先生との関係にあることが多いと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more