テーマ:中谷彰宏

No.395 3分で「気持ちの整理」ができた。

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「決断までの時間と、後から悩むクヨクヨの時間は比例します」 どちらも捨てがたいからこそ、悩む。 逆に言うと、どちらでもいい。 決断は、スパッと迅速にしたいですね。 「ミスジャッジをした審判に「サンキュー」と言えるかどうかで、仕事がで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.391 20代でしなければならない50のこと

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「君たちは、幼稚園から大学まで、そこへ行けば、相手が勝手に何か話をしてくれるという形態の教育を受けてきています」 本来、そんなケースは稀ですね。 双方向が、コミュニケーションの基本です。 集団授業も、そろそろお役御免かもしれませんね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.386 1週間で「新しい自分」になる。

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「私のどこがいけないの? いけないところは直すから」は、実は 「私はどこにも悪いところはないのに」の裏返しです」 教えてくれれば、直す。 言い換えると、教えてくれなけば、直さない。 とても他人任せな印象を受けます。 「その人のテン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.376 人間に強い人が成功する

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「なぜ、モノが売れないのか。売れない原因は、売る側の人間にあります。モノが悪いのではなく、売る人の人間観察力がないから売れないのです」 買いたい人と出会っていない。 売れない原因のひとつでしょう。 買いたい人に売れば、売れないはずがありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.366 なぜ、あの人は「存在感」があるのか

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「基本的に、実力より評価が上がることはありません」 実力は、天井。 評価は底から天井の間を行き来します。 実力が上がれば、評価も上がる可能性があるのがよくわかります。 「「知らないこと」は、ちっとも恥ずかしいことではありません。恥ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.348 右脳で行動できる人が成功する

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「省略した部分には、無限の意味、解釈を見出すことができます」 省略を恐れる必要はありません。 省略しなければ伝わるというものでもないでしょう。 省略した以上の意味が伝わることもあるかもしれません。 「本当にいい先生は、「教えてあげよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.347 お客様が私の先生です

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「「少々お待ち下さい」という言葉は、世界中のサービス業の中でほとんど使われない日本特有の言葉なのです」 この言葉からは、これを言った人の行動は何もわかりません。 知りたいことは、待つかどうかではなく、何をしてくれるかでしょう。 結果として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.336 スピード情報術

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「受け手は常に成長しています。送り手は、受け手よりも成長しなければなりません」 送り手にはそれだけの責任があるはずでしょう。 受け手の容量が増え、送り手の容量がそのままでは、いずれ物足りなくなります。 教師と生徒、監督と選手などにも当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.335 今やるか一生やらないか

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「お客様の得になることは、必ずしも自分が損をすることではありません」 喰うか喰われるかは、選択肢のひとつに過ぎませんね。 "WIN-WIN"は十分実現可能でしょう。 まだ思いついていないだけかもしれません。 「1つのサービスだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.327 人は誰でも作家になれる

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「すらすら文章を書くコツがあります。それは、ある誰か一人に、話しかけるつもりで書くのです」 誰に、何を伝えたいのか。 そこがしっかりしていれば、文章はどんどん湧いてくるはずです。 身近な人に向かって書ければOKでしょう。 「文章…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.323 自分で思うほどダメじゃない

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「人は、優しくされた人に、優しくされ続けないと、逆恨みをしてしまうものなのです」 人って、勝手ですね。 優しくされるのが当然だと思ってしまうのでしょう。 優しくされることは、特別でありがたいことですね。 「自分より上にいる人間の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.317 スピード成功の方程式

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「時間が原価ですから、時間を一番の軸として考えていくことが大切です」 "Time is money"の時代は終わりましたね。 これからは、"Time is more valuable than money"でしょう。 時間は必ず有限で…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

No.310 なぜあの人は落ち込まないのか

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「物事を短期的にしか見られないのは精神的に弱い証拠です。物事を長期的に見られたら、精神的に強くなったということです」 良い時があれば、悪い時もあるのが当然でしょう。 一次関数のようにはいきません。 波状に、だんだん良くなるのが理想です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.308 できる人ほど、よく眠る。

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「まずは「寝ることは、いいことだ」という発想に切りかえるのです」 寝れないで悩んでいる人は沢山います。 寝れることは、それだけで素晴らしいことですね。 寝ることに罪悪感を持つ必要は全くないでしょう。 「睡眠時間を削ることは、メリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.306 超高速右脳読書法

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「大切なのは、「自分にとって」面白いか面白くないかです」 周りの意見は、あくまでも参考ですね。 最後に物を言うのは、自分です。 周りの意見に迎合する必要は全くありません。 「あなたのキャラクターと、読書の基本を組み合わせた読み方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.302 もう「できません」とは言わない

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「サービスマンは「できません」とは言ってはいけないのです。「できない」というのは、サービスの放棄なのです。できないところから、サービスは始まるのです」 できることをやるのは、当然。 できないことをどうするかが、腕の見せ所。 サービスマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.286 スピード整理術

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「整理は、基本的に捨てることから入らないとダメです」 整理前と整理後ではモノの量が変わっているはずです。 整理してみると、いらないものは案外出てきます。 それらをまず処分して、残ったものの配置を考えるのが整理ですね。 「大原則は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.277 大人のスピード読書法

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「その人が本当に忙しい人かどうかは、どれだけ本を読んでいるかでわかります」 「忙しい」という言葉に惑わされてはダメということですね。 口で言うなら誰でも言えます。 「最近何読んだ?」があいさつになる日が来るかもしれませんね。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.232 20代で差がつく50の勉強法

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「論理的に考え、長期的に考え、違う視点で考えるための勉強が必要なのです」 学校教育の視点はどうでしょう。 逆の視点の場合が多いのではないでしょうか。 特に「違う」視点を嫌う傾向があるように思います。 「知識など、いりません。知識は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.225 しびれるサービス

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「もちろん、悪意のあるお客様はいますが、いてもたかだか2%です」 少ないということは、それだけ印象に残ります。 そちらに意識が向くのも仕方ないでしょう。 しかし、98%の善意のお客様の存在のほうが大切なのは言うまでもないですね。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.221 なぜあの人は楽しみながら儲かるのか

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「比較できないモノになって下さい。「ここにしかない」「この人なら」というモノが、唯一、勝つのです」 数値化できないもので勝負ですね。 必ず"only"は見つかるはずです。 価格競争はもう時代遅れでしょう。 「「できません」と言う人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.219 お客様に学ぶサービス勉強法

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「勉強しないで成績が上がらないのは仕方がない。勉強しているのに成果が上がらない子供は、勉強の仕方が間違っているのです」 成績が上がらない原因は大体この2つでしょう。 量が足りないか、質が良くないかのどちらかですね。 仕事に関しても同じこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.216 大人のスピード勉強法

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「1年かけて勉強するところを2ヵ月間で一気にやってしまおうとするのが、勉強の成果をあげる一番のコツです」 自分のペースで、かつ、なるべく速く何度も。 それが大切ですね。 それを1年かけてやる理由はなにもないはずです。 「本を読むこと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.209 人を動かすコトバ

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「どんな長編小説も、10年たてば、残るのは、たったひと言のコピーなのです」 そのひと言の有無が重要です。 記憶の定着度を左右します。 たかがひと言、されどひと言ですね。 「耳で聞いてわかるコトバが相手の心に残っていくのです」 視覚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.199 王様の勉強法

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんと、 作家である荒俣宏さんの共著。 その中から3つの言葉を紹介します。 「量にどれくらい取り組めるかが、あらゆる知的活動の基本になるのです」 初めから質を求めるとうまくいきません。 量があって初めて質が高まるでしょう。 まず量、次いで質ですね。 「知的な刺激に不自由しないと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.193 大人になる前にしなければならない50のこと

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「大学生が一番みっともないと思っていることは何でしょうか?それは「頑張ること」だそうです」 「俺はこんなに頑張っているんだ」。 こういう「頑張り」をみっともないと思っているのではないでしょうか。 「頑張りの押し売り」に対する嫌悪感かも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.192 運が開ける勉強法

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「共通する本質を見抜くことが勉強なのです」 知識を増やすことももちろん勉強の一種でしょう。 それを「本質を見抜く」まで昇華させられるか。 新しい「何か」を生み出せてこその勉強だと思います。 「偶然うまくいくことは「ほとんど」あり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.189 成功する大人の頭の使い方

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作。 その中から3つの言葉を紹介します。 「大事なことは、メモなんかしなくても、覚えているものです」 言われてみればその通りです。 忘れることは、それほど重要ではないのかもしれません。 もちろん、予定などは先方に迷惑がかかるのでメモは必須ですが。 「整理が、抽象的・精神的・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.185 運風を読み 運波に乗る

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「自分がやったことがどこへ反映しているのかよくわからないということほど虚しいことはありません」 自分の存在意義がわからない。 虚しいと同時に、怖いですね。 成果の「見える化」は大切です。 「仕事を人間に合わせていくのが、一番モラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.178 あなたのお客さんが戻って来る!

作家であり、俳優でもある中谷彰宏さんの著作です。 その中から3つの言葉を紹介します。 「考えなければいけないのは、「なぜお客さんが来ないのか」ではなく、「なぜ戻って来ないのか」なのです」 新規開拓は重労働です。 新規開拓には限界があります。 リピーターに限界はありません。 「顧客は、管理なんかされたくないのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more